木製看板の木材について|木製看板,木彫り看板,彫刻看板の製作と販売

木製看板、木彫り看板、彫刻看板、銘木看板、木の看板、ウッドサインの制作の事ならお任せください

お問い合わせはお気軽に

木製看板の用材について

【看板として使用する用材について】

木製看板を製作するにあたり、一番重要になってくる部分は「用材の乾燥期間」です。

弊社では通常「5年〜10年」乾燥させた用材を使用しております。最低でも3年乾燥させた用材を使用します。乾燥期間が短い看板を屋外で使用しますと、耐久性が悪く木が反れてしまったり腐ってしまいます。

用材の種類やサイズによる価格変動もありますが、乾燥期間が特に価格の増減がございます。ご予算のないお客様にはこれらの事項を了承していただけた上で、乾燥期間の短い用材を利用してでの看板を作成致しますが、長期的にお使いいただくには「5〜10年」乾燥させた用材をおすすめ致します。

【用材の種類について】

看板制作に適した様々な種類の用材をご用意しております。

けやき
ニレ科の落葉大高木で、日本を代表する用材。材は木目が美しく力強い。建築や家具材等に良く用いられる。
すぎ
ヒノキ科の常緑高木で、日本特産の針葉樹。日本固有種で、屋久島から東北地方まで用材資源として植林されている。日本全国面積の12%を占める木である。独特な香りで木目は比較的荒い。
ひのき
ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹で人工林として植栽されており、古くから建築用材として用いられる。また建材として最高品質のものとされおり、1000年を超える寿命を保つ建造物も存在する。木質は柔らかいが強度にも富んでいる。
ピーラ
針葉樹で北米大陸の太平洋沿岸カナダB・C州からカリフォルニア州にかけて分布している。年輪がはっきりしており、建築では構造部材の梁の平角、根太、化粧材として使用されることも多い。釘による保持力に優れており、風、嵐、地震にも強い。
せん
ウコギ科の落葉広葉樹。別名ハリギリとも言う。日本全土(特に北海道)・朝鮮半島・中国の山地に植林されている。木目は荒いが年輪が美しい為、家具や仏壇、下駄、賽銭箱として使用されることが多い。けやきと木目が似ている。
かつら
カツラ科カツラ属の落葉広葉樹で、日本各地に(特に北海道)自生する。木肌が美しく、手で触ると暖かい感触が特徴。器具材、造作材、ベニヤ材、彫刻材、鉛筆材、碁・将棋盤などに用いられる。
タモ
モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹。北海道に多く分布。木目が独特で美しい。
家具材、造作材、器具材、ベニヤ材、土用材など。特に、弾力性に富むのでバッドやラケット、スキー板などの運動具材として用いられる。

お気軽な相談窓口はこちら


お問い合わせ・お見積もり お気軽にどうぞ! 木製看板工場 | e-mail:info@mokusei-kanban.com

営業時間 平日:9:00〜21:00 土曜:10:00〜18:00(日曜・祝日休) FAX/Mailは24時間OK! 1営業日以内にご連絡いたします。